『レコード・マネジメント』投稿要領

 

2006年10月作成

2013年 6月修正

2013年12月修正

2016年1月修正

学会誌編集委員会

 

1.投稿執筆者は、原則として本学会正会員、学生会員、名誉会員とする。連名による投稿の場合、少なくとも1名は上述3種の会員であることとする。

 

2.投稿原稿の掲載は、編集委員会の査読を経て決定される。査読の結果、内容の修正を依頼したり、掲載を断る場合もある。

 

3.投稿原稿は、論文、研究ノート、書評、文献紹介等とする。

 

4.論文は原則として、30,000字以内 (注、図表等を含む) とし、研究ノートは同じく20,000字以内とする。また、書評、文献紹介は原則として3,500字程度とする。

 

5.原稿は横書きのデジタル原稿とし、A4判にてプリントアウトする。

 

6.原稿の1枚目に、標題、著者名、著者の所属機関名、及び連絡先の和文表記と英文表記を記入する。なお、連絡先は住所、Tel、Fax、E-mailのうち、冊子及びインターネット上での公開に同意するものを記載すること。また、論文、研究ノートは、和文抄録(400字以内) と英文抄録(200語程度)、本文の特色を示す和文キーワードと英文キーワードを各々5つ以内で列記する。

 

7.送付方法は、E-mailの添付ファイルもしくは郵送とする。

 

8.原稿の執筆は「『レコード・マネジメント』執筆要領」に従う。

 

9.掲載が決定された日をもって、原稿受理の年月日とする。

 

10.初校は著者校正とする。その際、原文の大幅な加筆・修正は認めない。

 

11.掲載原稿は返却しない。

 

12.投稿された論文、研究ノートについては、別刷10部を著者に贈呈する。

 

13.本誌に掲載されるすべての論文・記事の著作権は本学会に帰属する。ただし、著者は自分の論文等を複製、翻訳、翻案等の形で利用することができる。論文等の全部あるいは大部分を他の著作物(ウェブサイトへの掲載を含む)に利用する場合は、その旨を編集委員会に申し出ると共に、出典を明記する。著者による転載等は、原則として本誌掲載から1年経過後とする。

 

14.原稿料の支払い、及び掲載料の徴収は行わない。