「レコード・マネジメント」No.68 Mar. 2015


 

特集テーマ「業際、学際を繋ぐ記録管理」

 

特別寄稿
●記録管理がビジネス・アーカイブの品質を向上させる 松崎 裕子    3
論文

●戦後日本の公文書管理改善運動における「保存」と「廃棄」の位置:

 レコード・マネジメント概念の導入と国立公文書館

坂口 貴弘   15

●個人档案に着目した中国のアーカイブ管理における現状と問題について

林   瓏

 35

●ドイツと明治政府の記録管理:

 レギストラトゥーラを伝えたお雇い外国人

橋本  陽   46
●戦時下の戸籍管理-旧東京市街の事例 

森  顕登

  63

研究ノート
●記録管理とアーカイブズ-公文書領域拡大と「市民」利用

嶋田 典人

  80
●イギリスの公文書館制度の発展

元  ナミ

  99

●アート・プロジェクトの記録管理-プロジェクトを進行させながらアーカイビングする試み-

齋藤 柳子

 110
翻訳

●『倫理とアーカイブの仕事-入門ケーススタディ(その3)-』

李 東真、

小川 千代子

 127
動向

●「乗換案内」で世の中を変えたジョルダンの試み:

 情報化を支える組織のエネルギーと記録管理 

石井 幸雄

 155

書評
●菅 真城著『大学アーカイブズ学の世界』  平井 孝典  164