記録管理学会 >  学会活動のページ > 研究大会2016

 

RMSJ 研究大会(発表用参加申込ご案内)

◆記録管理学会2016年研究大会のご案内

 

 研究大会担当理事

大会テーマ:「オープン・アクセス時代と記録管理」 (仮題)

 

  期 日 : 2016年5月27日(金) 総会・表彰・講演 28日(土)研究発表
  会 場 : 東京堂ホール  http://www.tokyodo-web.co.jp/
         東京都千代田区神田神保町1-17 東京堂書店6階
         最寄駅 ■東京メトロ半蔵門線「神保町駅」 ■都営新宿線「神保町駅」
             ■都営三田線「神保町駅」 いずれもA7出口より徒歩2分

 

 記録管理学会研究大会を3年ぶりに東京・神田にて開催します。
 今、私たちは、戦後70年の節目を過ごし、グローバル化、ICT革新、教育改革、少子高齢化、地方創生、記録不祥事などによる様々な課題や変化の渦中にあって、記録情報等の管理に関心を高めています。また、関係する法律の施行、改正においては、公文書管理法5年見直し、特定秘密保護法施行、マイナンバー制度スタート、個人情報保護法改正など、機会あるごとに関係団体と連携し対応に努めています。
 そうした中、今大会は、大量情報時代におけるオープンなアクセスが進む中、その利活用への期待や展望、そして課題や潜むリスク等について、その社会的意味合いを含め議論したいと思い、標記のテーマを予定しています。
 皆さまには、研究大会への参加を今からご予定いただくとともに、この機会に、記録管理学の発展に向けた研究成果の発表をお願いします。下記の申込項目にて奮ってご応募ください。締切は2月末です。

 なお、発表された研究成果は12月発刊予定の学会誌「レコードマネジメント」に投稿いただく旨を、前もってご承知おきください。

 

 

研究発表:会員からの発表を募集します!  

記録管理学会2016年研究大会のご案内
大会参加申込書(発表用)がついています。参加申込はこちらをご利用ください。
2016年研究大会のご案内.pdf
PDFファイル 227.4 KB
2016年研究大会のご案内.docx
Microsoft Word 43.9 KB