記録管理学会学会活動のページ > 2014研究大会関連 > 大会協賛企画(藤女子大学)

大会参加の皆様へ 藤女子大学からのご案内

2014年5月24日の記録管理学会の会員のみなさま、当日参加のみなさまへ

このたび研究大会2日目の会場として協賛の機会を得ましたこと感謝申し上げます。大会関係者並びに大会出席の多くの皆様が本学企画にご参会下さいました。図書館情報学課程の受講生達にとって大変良い刺激となり、今後の学びの糧となりました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。

(企画担当 藤女子大学図書館情報学課程 下田尊久)

 

 研究大会協賛企画 (2014.5.22更新)

★5月24日(大会2日目)の発表会場は、6階655教室です。

 

★北16条キャンパス内の図書館・資料館の見学について

 

藤女子大学図書館 (本館2階)

図書館は、本校舎内2階にあり、当日開館しております。

見学については、とくに制限はありません。大会参加の名札を下げてお入りください。

なお、入り口にはブックディテクションのゲートがありますので、カウンター職員に声をかけて入館してください。利用者がおりますので利用の妨げにならないようにお願いします。

開館時間は 9:00~15:00

藤女子大学図書館 http://library.fujijoshi.ac.jp/index.html

 

 

キノルド資料館 (藤学園資料室)

この資料館は、藤学園の歩みを伝える資料室です。キノルドの名は、藤学園の設立時の神父の名であり、当時の校舎がキノルド記念館として使用されていたことに由来します。

当時の校舎は、1925年(大正14年)4月に建築された木造三階建ての建物で札幌藤高等女学校として出発し、1961年(昭和36年)藤女子大学・文学部開設まで76年間活用されてきました。1967年大学校舎の落成移転後は、「キノルド記念館」として、大学生や同窓生に愛され活用されてきましたが、建物の老朽化がすすみ解体されました。今ある資料館のデザインはそのミニチュアです。

大会2日目の期間中、9:00~15:00まで、特別公開をいたします。

ご希望の方は、大会会場の見学受付にお申し出ください。図書館情報学課程の学生がご案内します。

キノルド資料館 https://www.fujijoshi.ac.jp/hojin/kinold-memorial-hall.html

 

 

図書館情報学課程による企画展示コーナー

5月24日 記録管理学会研究大会で企画展示を行います。

2014年5月23日・24日と記録管理学会(RMSJ)研究大会2014が札幌で開催され、2日目の研究大会は本学を会場に行われます。そこでこの研究大会に併せて、図書館情報学課程の学生によるパネル発表コーナーを設けます。
 今回の大会テーマ「記録管理と地域連携への新たな潮流 ~創造的展開に向けて~」は、図書館情報学を学ぶ私たちにも密接な関係があります。私たちが活動するために必要な決断は、溢れかえる情報の渦の中から必要なものを探し出して行われます。どんな小さな行動のためにも情報の選択が求められます。図書館情報学課程ではそのような身近な情報探しのお手伝いが出来ないか模索します。

展示会場 研究大会会場と同じ6階の教室において実施いたします。